季節の壁紙~トウモロコシ

d0003725_9485112.jpg

トウモロコシ(玉蜀黍)
見えているのは雄花。やがて葉の付け根からヒゲの雌花が現れます。コロンブスの手で新大陸からヨーロッパへ、そして16世紀に南蛮ポルトガルから日本へ。だから別名「なんばん(南蛮)」。大阪では「ナンバ」。または「トウキビ」。トウモロコシの花は「花なんばん」。祭りの夜店でショウユをかけて焼くナンバの香りが、こどもにはたまりませんでした。戦中戦後、これのヒゲを干して辞書のインデアンペーパーで巻き、代用タバコにして吸っていた親父の姿を思い出します。
by yagi070 | 2005-07-24 10:00 |
<< 服部良一と「青い山脈」 季節の壁紙~フロクス >>