季節の壁紙~サザンカ

d0003725_13143014.jpg

サザンカ(山茶花)
サザンカはツバキ(カメリア)の仲間で、学名も「カメリア・ササンクア」。日本原産の花だそうです。ツバキとの交配種も多く、素人にはなにがなにやらわかりませんが、花の真ん中の黄色いオシベが筒状にまとまっているのがツバキ、一本ずつバラバラなのがサザンカ、とおぼえていると、さしあたりの区別はつきます。ツバキは花が首が落ちるようにポトリと落ちる(だから武家には嫌われた)のに対し、サザンカは花びらが一枚ずつ散る、という区別のしかたもあるようですが、カンツバキ(寒椿)はサザンカと同じ散りかたをするので、困ってしまいます。サザンカは一般にツバキよりも早い時期から咲きますが、ツバキの中にも、早咲きのものがあります。
ツバキの漢名は「山茶」、サザンカの漢名は「茶梅」。その「茶梅」が「山茶花」と表記されるようになり、読み方も「サンサカ」から「ササンカ」「サザンカ」に変化したとか。
「山茶花究」(さざんか・きゅう)という大阪出身の喜劇俳優がいました。エラの張ったギョロ目で、関西弁の切り口上でまくし立てる、憎まれ役をやらせると、右に出る者がありませんでした。
by yagi070 | 2006-01-19 13:29 |
<< 季節の壁紙~ロウバイ プーシキン美術館展 >>