タイサンボク

d0003725_17183381.jpg

タイサンボク(泰山木)
学名「マグノリア・グランディフローラ」(巨大花マグノリア)。この豪快な大きさといい、高い香りといい、花の王の風格です。芯の鮮やかな赤い色を撮ろうとすると、花びらが痛んでしまっているので、撮影チャンスのむずかしい花です。「泰山」は中国・山東省の霊山。この花に霊気を感じての命名でしょうが、実は明治6年(1873)北アメリカから渡来。
「露のはれまのひといこい/月の天使の白たえか/天津おとめの羽衣か/れいこうあたりにふくいくと/泰山木の花咲きぬ 散りてはかなき人の世の/人のさだめを思いつつ/あいのたつきはつれづれに/れいこうあたりにふくいくと/泰山木の花よせぬ」。古めかしい歌詞ですが、これは「番傘」の川柳作家でもあった、私の亡父による「泰山木の歌」。松本勝男氏の曲がつき、同志社大学グリー・クラブによって歌われました。父が71歳で没して43年、私も同じ年になりました。
by yagi070 | 2006-06-08 17:39 |
<< 季節の壁紙~アジサイ ヤマボウシ >>