カテゴリ:町だね( 22 )

季節の壁紙~花火

8日夜の拙宅は特等席。北の窓からは茨木弁天の花火、南の窓からは淀川花火大会の花火が見え、カメラを手に二つの部屋をウロウロ。感心した出来ではありませんが、季節の壁紙にどうぞ。
d0003725_8282298.jpg

d0003725_829620.jpg

d0003725_8294497.jpg

d0003725_8312036.jpg

by yagi070 | 2009-08-09 08:31 | 町だね

ネコだらけ

d0003725_21292426.jpg
d0003725_21295579.jpg
d0003725_21335555.jpg
ご存知、雛流しで知られる、紀伊・加太の淡島神社に奉納されたネコの集団。ほかにタヌキ、クマ、ウサギ、龍、花嫁人形、市松人形、高砂人形などのコーナーもあり、どれも不気味なほど、おびただしい数です。
by yagi070 | 2009-03-27 21:38 | 町だね

通り雨の正体

d0003725_15224344.jpg

一天にわかにかきくもって、雨雲がいく筋も滝のようにおりてきます。このまま、全体がかなりの速度で移動。下では、きっと激しい雨が降ったり、やんだりしているのでしょう。山並みは六甲山系。右端の丸い小さな山は、甲山。
by yagi070 | 2008-09-14 15:26 | 町だね

季節の壁紙~夏雲

d0003725_16443681.jpg

d0003725_16451399.jpg

d0003725_16454254.jpg

この暑さで、雲の峰が湧いては崩れ、盛りあがっては流れ、まるで雲が集まって宴会でもしているようです。このところ、連日「雲の宴会」です。
by yagi070 | 2008-07-27 16:49 | 町だね

季節の壁紙~ツバメ

d0003725_9172794.jpg

この少子時代の日本で、五つ子。夫婦はエサとりに寸暇もなし。
by yagi070 | 2008-07-19 09:21 | 町だね

美空ひばり座

d0003725_22552953.jpg
京都・嵐山の「美空ひばり館」は、しばらく閉館していましたが、この4月から「美空ひばり座」に生まれ変わっています。前よりも展示が系統的でスッキリ、わかりやすくなりました。美空ひばりに関するデータなら、たいていのものは、ここにあります。自分の好みのひばりの歌だけでCDをつくるサービスも。地下売店のひばりグッズの種類のおびただしさには、びっくりします。嵐山は修学旅行のシーズンですが、さすがにここの入場者に若い人は少ないようです。年中無休。嵐電・嵐山駅のすぐ向かい。
by yagi070 | 2008-06-16 23:07 | 町だね

季節の壁紙~キャンドルナイト

d0003725_15325366.jpg

d0003725_15333440.jpg

12月5日夜、恒例になった西梅田キャンドルナイト。神戸のルミナリエとくらべると、すべてが手作りで、ローソクが主役の省エネルギー型の光の祭りです。
by yagi070 | 2007-12-06 15:38 | 町だね

切符絵

d0003725_10124958.jpg
これは、回収された使用済みの南海電車の乗車券で描かれた「切符絵」。このミレーの落穂拾いのほか、モナリザなど4点を「切符deアート!」のタイトルで、今月16日まで、大阪なんば高島屋の1階正面を入ったところで展示中。使った古切符は全部で32万枚。近ごろの乗車券は、裏が黒くなっているので、こんなこともできます。それにしてもたいした根気!
by yagi070 | 2007-10-09 10:18 | 町だね

クリスマス・ペイント

d0003725_16104970.jpg

クリスマス・シーズンにはあちこちのショー・ウィンドウがさまざまなペイントで飾られますが、ことし私が見た中で、一番愛らしいウィンドウ・ペイントがこれです。
クリスマスの壁紙ならこちらのほうがいいや、というかたもおられるのでは。
ことしも1年、つたない写真を見ていただき、ありがとうございました。よき新春をお迎えください。
by yagi070 | 2006-12-22 16:15 | 町だね

天満天神繁昌亭

d0003725_2181651.jpg
大阪天満宮の境内に、60年ぶりにできた、落語の定席「天満天神繁昌亭」へ、早速出かけてみました。250席ほどの小ぶりな小屋ですが、それが落語にはぴったり。ただし、席と席の間が狭いので、出入りに苦労します。これを、上方落語協会の総力を挙げ、市民からの寄付金でつくり上げたところがミソ。いまは「こけら落とし公演」で特別料金ですが、9月25日からは、昼席・夜席を365日無休で公演します。昼席は前売り2000円、当日2500円(65歳以上は2000円)、夜席はいろいろ。
私も東京在勤中は4つもある定席を走り歩いて、円生や小さん、三平などの高座に熱を上げたものですが、最近はすっかりご無沙汰していました。これからは、また病気がぶり返しそうです。一回のぞいただけで、いままでまったく知らなかった、若い逸材を発見しました。
地下鉄堺筋線・南森町(4B出口)、JR東西線・大阪天満宮駅のどちらかで下車、天神橋筋商店街に入ると、すぐにわかります。
繁昌亭に電話(06-6352-4874)を入れて席を予約、お近くのチケット・ぴあ、または、コンビニのファミリアか、サンクスで予約番号を示し、料金を払うと、切符を入手できます。詳しくは、こちら
by yagi070 | 2006-09-19 21:22 | 町だね