<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

季節の壁紙~ユッカ

d0003725_181298.jpg

d0003725_184494.jpg
ユッカ
明治の中ごろにアメリカから渡来したので「アメリカキミガヨラン」という名もあります。アメリカと「君が代」をくっつけたところが、おかしい。これのもう少し小ぶりで、葉のフチから糸のようなものが出てくるのは「イトラン」(糸蘭)。イトランの英語名は「アダムズ・ニードル」(アダムの針)。この花の仲間は、葉先にコワイような針がついています。そういえば、学校で「アダムズ・アップル」はノドボトケのこと、と教わったなあ。Yuccaとは、全然別の観葉植物のブラジルでの名前「YUCA」がなぜか誤ってついてしまったのだとか。昔はユリ科に分類されていたのが、いまは「リュウゼツラン(龍舌蘭)科ユッカ属」になったそうです。アアヤヤコシ。
この花は、今ごろと、秋にもう一度咲くこともあります。タテ長なので、こうして部分にしないと、壁紙にならないのが、つらいところ。
by yagi070 | 2005-05-31 18:16 |

季節の壁紙~ヒルガオ

d0003725_8552142.jpg

ヒルガオ
昼顔は、日本では朝顔よりも先輩。万葉のころ、朝顔はまだ渡来していませんでした。万葉歌に出てくる「アサガホ」は、キキョウ(桔梗)のことだといわれています。「カホバナ」(容花)と歌われているのが、このヒルガオだとする説が有力です。
「高円(たかまど)の野辺のかほ花おもかげに見えつつ妹は忘れかねつも」(大伴家持)
公務出張先で、野辺のヒルガオのように、妻の姿が思い浮かんで忘れられない家持さんです。
こうしてフェンスなどをつたって、むやみに殖えるので、厄介者扱いされることもあります。
ケッセルの「昼顔」というスゴイ小説もありました。映画はカトリーヌ・ドヌーブの体当たり熱演。
by yagi070 | 2005-05-28 09:14 |

季節の壁紙~サワグルミ

d0003725_853043.jpg

サワグルミ
沢胡桃。フジのようにダラリとさがる花がスダレのようで、暑い日には涼しさを感じさせます。秋になると、果実は褐色に熟して、一粒ずつ翼をつけた形で飛んでゆきます。ゴツゴツした樹皮は、古くなるとはがれて落ちます。木の中身は白くてやわらかく、昔は桶や下駄、マッチの軸などによく使われたとか。
奥に見えるのは、クスノキの花。
by yagi070 | 2005-05-25 09:10 |

季節の壁紙~ウツギ

d0003725_11151411.jpg

ウツギ
幹や枝の中が空(うつろ)なので「空木(ウツギ)」。陰暦4月は、干支の4番目から「卯月」。この花はそのころ咲くので、古来「卯の花」で知られています。ついでに豆腐のオカラも「卯の花」。「卯の花腐(くた)し」は、卯の花を腐らせるような長雨をいい、万葉の昔からの言葉。
唱歌の「夏は来ぬ」が「卯の花の匂う垣根に ほととぎす早も来啼きて」と歌うとおり、ホトトギスはともかく、以前は垣根などによく使われていましたが、近ごろ街中ではあまり見かけなくなりました。(この歌詞の「匂う」は「美しく咲く」の意味。卯の花には芳香なし)。
by yagi070 | 2005-05-23 11:36 |

季節の壁紙~カタバミ

d0003725_15491977.jpg

カタバミ(片喰/酢漿草)
これは南米原産、江戸時代に来日したムラサキカタバミ。もともとのカタバミは、もっと小さな黄色い花。小葉が三つつくことから「片葉三」。酢っぱいので、スッパイグサとも。
d0003725_162585.jpg
d0003725_1624550.jpg
カタバミの葉をデザインしたのが、家紋の「片喰」。カタバミはよく子孫を殖やすので、武家に好まれたとか。私の家は武家ではありませんが、男紋は「剣片喰」です。
d0003725_1631333.jpg
by yagi070 | 2005-05-20 16:03 |

季節の壁紙~エゴノキ

d0003725_1941561.jpg

エゴノキ
果実の皮がエグイのでエゴノキ。昔は果実を石鹸がわりにしたり、葉をしぼって毒を流し、魚を取ったりしたそうです。だから名前もいっぱい。チシャノキ、シャクシギ、セッケンノキ、コヤスノキなどなど。
by yagi070 | 2005-05-14 19:09 |

季節の壁紙~カキツバタ

d0003725_8284590.jpg

カキツバタ
カキツバタ(杜若/燕子花)は、外側の花弁の根元に、白いスジがあります。ハナショウブはそれが黄色、アヤメはそれが網目模様なので、区別がつきます。カキツバタといえば、京都上賀茂の大田神社の「大田の沢の杜若群落」が古来有名。私は新制加茂川中学第一回卒業生なので、あのあたりをよく走り回ったものです。
カキツバタが咲き始めると、昔習った謡曲の「杜若」が、口をついて出てきます。「此処ぞ名にある八橋の 沢辺に匂ふ杜若 花紫のゆかりなれば 妻しあれやと 思ひぞ出づる都人」。
カキツバタには白いものもあります。
d0003725_8432288.jpg

by yagi070 | 2005-05-14 08:43 |

大阪バラまつり

「咲くやこの花館」の「大阪バラまつり」は毎年恒例。すべて切花です。出品者が満を持して、初日のコンクール審査に合わせて、最もいい状態のバラを持ち込みます。私は毎年、この審査が終わったころを見計らって、撮影に出かけます。会場はガラス張りの大ホールで、全天候型。バラを撮るのに、好条件がそろっています。戸外でのバラの撮影は、日光が強すぎたりして、存外むずかしいものです。一本花、二本花などのジャンルに分けて行われるコンクールの審査基準は、素人にはさっぱりわからず、優勝花を見ては首をかしげるのも、毎年のことです。ことしは、30品種ほどデジカメにおさめてきました。
それでは、お好きなバラを、壁紙にどうぞ。
by yagi070 | 2005-05-13 19:12 |

季節の壁紙~バラ1

d0003725_18592860.jpg

都大路
by yagi070 | 2005-05-13 19:00 |

季節の壁紙~バラ2

d0003725_18573952.jpg

ベルサイユ
by yagi070 | 2005-05-13 18:58 |