<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

季節の壁紙~キク

d0003725_12192513.jpg

キク
キクはあまりに種類が多くて、目移りしてしまいますが、道端の花壇に咲いた、こんな小菊にも、作り手の愛情が感じとれます。
by yagi070 | 2007-10-29 12:21 |

季節の壁紙~秋バラ

d0003725_12175462.jpg

秋バラ
秋のフレンチ・ローズのひとつ。「ダーム・ド・シュノンソー」(シュノンソー城の貴婦人)というしゃれた名前です。
by yagi070 | 2007-10-29 12:17 |

季節の壁紙~ユウギリソウ

d0003725_1211185.jpg

ユウギリソウ(夕霧草)
光源氏の息子の「夕霧」を連想してしまいますが、地中海沿岸原産、大正時代に来日した、キキョウ科の花です。昔からノドの病気に効能があるとされ、英名は「スロートウォート」(ノドの草)。
by yagi070 | 2007-10-29 12:14 |

インカ・マヤ・アステカ展

d0003725_1212068.jpg
神戸市立博物館で12月24日まで。滅亡してしまった3つの文明の特徴を、わかりやすく解説しています。目玉はなんといっても、インカのミイラ。大人とこどもの一対でが、インカでは生者と死者の違いがいまほど大きくはなく、ミイラを家に置いて、生きている家族にするように、食べ物を供え、衣服を整え、髪の手入れをしていたそうです。そうすると、そのうちに家の中は死んだ先祖のミイラであふれてしまうのではないかと、心配になりますが、侵略者のスペイン人がすべてを焼き払ってしまったので、くわしいことはわかりません。
by yagi070 | 2007-10-29 12:08 | 展覧会

ロートレック展

d0003725_11493444.jpg
サントリーミュージアムで11月4日まで。ロートレックは貴族の名門に生まれ、経済的には恵まれていましたが、幼いときの落馬が原因で足の成長がとまり、身体障害者として短い生涯を、それでも懸命に生きました。持ち前の素描力は群を抜き、19世紀末の繁栄と退廃のパリで、新しい商業美術でも革命的な仕事を残しました。彼の作品のモデルのほとんどは、舞台芸人と娼婦ですが、今回の展覧会では、名前のわかっているモデルひとりひとりを、くわしく紹介しているところが新機軸です。
by yagi070 | 2007-10-29 11:59 | 展覧会

季節の壁紙~ヒガンバナ

d0003725_10311566.jpg

d0003725_10313860.jpg

今年は、夏の暑さが長びいて、10月になってもアサガオは咲きつづけ、ヒガンバナの開花は10日以上も遅れ、キンモクセイもやっとのことで香りを放ち始めました。
上は、ヒガンバナとオシロイバナ、下は、バシロバナヒガンバナとハナカタバミ
by yagi070 | 2007-10-09 10:36 |

切符絵

d0003725_10124958.jpg
これは、回収された使用済みの南海電車の乗車券で描かれた「切符絵」。このミレーの落穂拾いのほか、モナリザなど4点を「切符deアート!」のタイトルで、今月16日まで、大阪なんば高島屋の1階正面を入ったところで展示中。使った古切符は全部で32万枚。近ごろの乗車券は、裏が黒くなっているので、こんなこともできます。それにしてもたいした根気!
by yagi070 | 2007-10-09 10:18 | 町だね

季節の壁紙~フクシア2

d0003725_9242280.jpg

d0003725_925326.jpg

d0003725_9253717.jpg

d0003725_9262377.jpg

d0003725_9265621.jpg

フクシア
フクシアのいろいろのつづき。一番上は「バイセンテニャル」。ほかは品種名不詳。
by yagi070 | 2007-10-02 09:28 |