<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

季節の壁紙~ハナセンナ

d0003725_9404067.jpg

ハナセンナ
マメ科カッシア属。学名はカッシア・アラタ。南米原産。「センナ」は和名のようですが、実はインドのベンガル語から「SENNA」になった英語。葉が皮膚病の薬になります。どこにでもあるようで、見過ごしてしまいそうな秋の花です。
by yagi070 | 2008-09-27 09:57 |

季節の壁紙~ヒガンバナ

d0003725_9474278.jpg

ヒガンバナ
マンジュシャゲ。秋の路傍を真紅に染めて、どこか不気味に咲き誇ります。「女の恋の曼珠沙華」と歌われると、いかにもそれらしく見えます。
「曼珠沙華抱くほどとれど母恋し」(中村汀女)
by yagi070 | 2008-09-27 09:51 |

季節の壁紙~センニチコウ

d0003725_15524371.jpg

センニチコウ
サルスベリが「百日紅」なら、こちらは「千日紅」。ほんとうに、いつまでもいつまでも咲きつづけます。ヒユ科。ピンク色のものもありますが、これは真紅の品種「ストロベリーフィールド」。「露の世をどこまで咲くぞ千日紅」。
by yagi070 | 2008-09-14 15:58 |

季節の壁紙~オルトシフォン

d0003725_15484980.jpg

オルトシフォン
シソの仲間。紫色のものもあります。日本での愛称はスバリ「ネコノヒゲ」。
by yagi070 | 2008-09-14 15:50 |

季節の壁紙~ヒョウタン

d0003725_15434693.jpg

ヒョウタン
ヒョウタンのほか、ヘチマ、ゴーヤ、オモチャカボチャなどの勢ぞろいです。これからヘチマが緑の色を落としてゆくのを、ヘチマ好きは息をのむ思いで見守ります。
by yagi070 | 2008-09-14 15:47 |

ダーウィン展

d0003725_15293216.jpg
9月21日まで、大阪市立自然史博物館。2009年は、チャールズ・ダーウィン生誕200年。2005年のアメリカ自然史博物館を皮切りに、世界各国を巡回中の展覧会。最後はロンドンで開かれます。ダーウィンの生涯と、進化論の成り立ちが、さまざまな実物展示で、よくわかるようになっています。なによりも感心するのは、せいぜい虫メガネのような道具しかなかった時代に、ダーウィンが、帆船に乗り込んで世界を一周、もっぱら自然を自分の目で観察、とぎすまされた直感で生命進化の歴史をさぐりあてたことです。富裕な家の生まれで、友人、家族にも恵まれ、一生好きなことをして、大事を成しとげた、しあわせな人でした。
by yagi070 | 2008-09-14 15:40 | 展覧会

通り雨の正体

d0003725_15224344.jpg

一天にわかにかきくもって、雨雲がいく筋も滝のようにおりてきます。このまま、全体がかなりの速度で移動。下では、きっと激しい雨が降ったり、やんだりしているのでしょう。山並みは六甲山系。右端の丸い小さな山は、甲山。
by yagi070 | 2008-09-14 15:26 | 町だね

季節の壁紙~アサガオ

d0003725_15125179.jpg

d0003725_15132581.jpg

d0003725_1514364.jpg

d0003725_15144196.jpg

アサガオ
朝顔の季語は秋です。ことしは異常な暑さのせいか、少し涼しくなってから、朝顔がたくさん咲き始めました。
by yagi070 | 2008-09-02 15:16 |